2020 Finalist

仁平久美子

Kumiko Nihei

年齢 36歳
職業 株式会社JINK Pro代表取締役、Well Being Life コーチ、作家
SNS

Instagram


Facebook


コメント はじめまして!Beauty Japan 2020 東京ファイナリストに選出頂きました仁平 久美子(にへい くみこ)です。
私は学生時代にバレーボールで全国大会や世界大会を経験しました。大学卒業後は教員やモデル、営業、バーテンダー、ヨガインストラクター、秘書など異色の経歴を持っています。やりたい!と思ったことにはどんどんチャレンジしてきたのですが、実は私は軽度の「難聴」という障害を持っています。そのために会議など緊迫した中でする小声の会話がうまく聞き取れず何度も聞き直したり、そのおかげで時には相手をイラつかせてしまい、「耳ツンボ!」などと罵声を浴びたこともありました。聴こえにくいことで人一倍人の目を気にし顔色を伺って、嫌われないようにと人生を選択していました。
2011年に結婚をし、2015年に最愛の娘を出産します。しかし娘が生後3ヶ月の時に離婚をします。当時の私は抑うつを患っていました。益々自信を失い下を向いてばかりで、不甲斐ない自分にイライラし更に自分を嫌っては泣いてばかりでした。
でも私には守らなければいけない、失うわけにはいかない大切な娘がいる。強く生きていかなければいけない。だからこそ、「やるのは私!」「未来を変える!」そう心に強く決意し、翌年に株式会社JINK Proを設立しました。今ではおかげさまで多くの企業広告に携わらせていただいています。
2019年からは、これまでの自分の経験から得た知識やノウハウをもとに「Wei Being Lifeコーチ」と称して・固定概念に囚われて自分に自信がない・周りが気になりすぎてやりたいことができない・自分らしく生きたいのに生きれない・女性であってもママであっても一人の人間として堂々と輝いて生きたいそう悩む方たちに、『一度きりの人生を自在に幸せにコントロールする』ための幸せ育成塾を開講しています。
私たちは自分のために生きていいのです。自分らしく、自分の人生を堂々と生きていいのです。
眼や鼻、耳、口。そして声、表情、思考。障害も全てひっくるめての自分。世界中のどこを探しても一人として同じ人間がいない。全てが自分しか持っていない『魅力』であり『資産』なのだと。
そう多くの方に気付いて欲しい、自分をもっともっと愛して欲しい、それをBeauty Japanという舞台を借りて叫びたい!と思い出場を決意しました。